トラック架装・改造・ラッピング専門店

  • tel:0587-24-1194
  • TEL:0587-24-1194/営業時間AM10:00~PM7:00
  • HOME
  • 架装サービス
  • 架装施工事例
  • ネット販売
  • 会社概要

架装サービス

その他の架装

  • ボディ架装
  • 内装
  • エアサス交換
  • ラッピング
  • ボディシール剥がし
  • 自動充電予備バッテリー工事
  • 足回り整備
  • 車内高圧洗浄
  • 2バッテリー搭載
  • エンジン関係
  • ミッションオーバーホール
  • ギア関係
  • リペア修理
エアサス交換
エアサス交換

エアサスは高級グレードタイプに装着されていますが、劣化の伴う定期交換部品です。通常は、エアーが満タンになると簡単に抜けるものではありません。状態が悪くなると、車両で運行した翌日にはエアータンクがなくなっています。 状態として車の車高が下がりエンジンを始動すると、車高が上がり始めます。この状態は、更にエアサスが収縮され、亀裂がひどくなる可能性があります。 自分でチエックするノウハウは、石鹸水を入れたスプレーで、膨らんだエアサスに吹き付けて下さい。すると、ぶくぶくとシャボン玉ができると、そこからエアーが漏れています。 車高が下がる過程は地面からタイヤハウスまで寸法を取っておき、どのくらい下がるかでエア漏れが判断できます。

  • お問い合わせ・ご相談はこちら
  • TOPへ

日産シビリアンのHIグレード使用に装着されている、板バネとダブルエサスが組み込まれています。そのためか乗り心地は最高ですね。
エアサスのメンテナンスとして、エア漏れの鯨飲以外に、 写真のようなエアサス用のエアーコンプレッサーが装着されています。
エアーホースも4.5インチと、専用ホースが使われており、部品設定がなく入手が困難です。
エンジンを始動して、エアサスの一部、若しくは、 全てが膨らまない場合は、コンプレッサーのチェックが必要です。
取替えには、コンプレッサー+エアサスとなり可也高額な修理となります。

UDコンドル4トンワイドボディー、精密機器を運ぶ車両です。エアー漏れがあると、翌日にはエアーが警告ゲージ以下に下がり、毎回のエンジン始動時に警告音が鳴り響きます。エアサス交換は比較的に変えやすい位置にあります。

  • お問い合わせ・ご相談はこちら
  • TOPへ
車検 JNグループにお任せください!

JNグループでは、車検も承っております。
高い技術力とサービスであなたの車の安全をお約束いたします。
車検についての「基礎」「準備」「手順」をまとめました。
車検前にチャックして、車検に備えましょう。

  • 基礎
  • 準備
  • 車検整備手順
車検ご予約・お問合せ